里芋の保存方法

里芋の保存について

里芋(サトイモ)は寒さと乾燥が苦手です。水に濡れたり乾燥しすぎたりすると傷みやすくなりますので、保存する場合は基本的に常温か冷凍保存になります。泥がついたままの物であれば常温でも1ヶ月近く保存できますよ。冷凍保存の場合は茹でてから保存するのが一般的です。

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 常温(まるごと):1週間(泥つきなら1ヶ月)
  • 冷凍:1ヶ月
スポンサードリンク

常温保存の手順

泥付きの里芋の保存

里芋を常温で保存する場合、泥つきで表面に湿り気のあるものは、そのまま通気性の良いカゴに入れて冷暗所で保存しましょう。泥付きであれば一ヶ月近く保存することができます。

あらい芋の保存

表面が乾いている物や洗い芋を保存する場合は、新聞紙で包んで冷暗所で保存します。夏場は傷みやすいので早めに使うようにしましょう。

保存期間(賞味期限)

  • 常温:1週間(泥つきなら1ヶ月)

冷凍保存の手順

里芋を冷凍保存する場合、まず通常通り柔らかく茹でます。茹でるときは、米のとぎ汁を使い水から茹でましょう。
柔らかく茹で上がったら、皮を向いて使いやすい大きさに切り、金属製のトレーにのせて急速冷凍します。凍ったら冷凍用保存袋に入れ冷凍庫で保存しましょう。

使用する場合は、半解凍で煮物にするとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1ヶ月

以上、里芋の保存方法でした。

里芋の関連記事

里芋の保存方法

里芋(サトイモ)は寒さと乾燥が苦手です。水に濡れたり乾燥しすぎたりすると傷みやすくなりますので、保存する場合は基本的に常温か冷凍保存に… 続きを見る

里芋の下ごしらえ

里芋は洗ってすぐは、ヌルヌルして皮を剥きにくいので、洗ったらざるに広げ、あらかた乾かすかフキンで水気を拭いていてからだと剥きやすいです… 続きを見る

フードセーバー
最大5倍長持ち!!長期保存にお勧め真空パック

冷蔵庫での長期保存にオススメなのが真空パックですが、使いやすくてTVでも話題なのが「フードセーバー」です。パック内を真空にすることで… 続きを見る