小松菜の下ごしらえ

洗うときは十字に切れ込みを入れてから

小松菜の根元は鉄分などの栄養がたっぷりで、切り落とすのはあまりにも勿体無いものです。
捨てずに美味しく食べるようにしましょう。ただし、農薬や化学肥料も集中している箇所なので、しっかり洗うのを忘れずに。

根の先を少しだけ切り落としたら、縦に十文字に切り込みを入れ、流水でよく洗いましょう。こうすれば、汚れはもちろん、農薬などの添加物も洗い流しやすいですし、茹でる時も炒める時もよく熱が通るので一石二鳥なんです。

スポンサードリンク

葉と茎は別々に水に浸す

小松菜を炒めるときは、葉と茎を切り分けて別々のザルで水に浸しておくようにしましょう。
そして炒める際には最初に茎を炒め、時間をおいて葉の部分を炒めます。これで熱の通りが均一となり料理が美味しく仕上がります。

以上小松菜の下ごしらえでした。

小松菜の関連記事

小松菜の下ごしらえ

小松菜の根元は鉄分などの栄養がたっぷりで、切り落とすのはあまりにも勿体無いものです。捨てずに美味しく食べるようにしましょう。ただし、農… 続きを見る

小松菜の保存方法

小松菜などの葉物の野菜は乾燥に弱いので、水分を保ちながら保存します。ただし、葉に直接水がつくと傷みやすくなるので、新聞紙に包んだ上から… 続きを見る

フードセーバー
最大5倍長持ち!!長期保存にお勧め真空パック

冷蔵庫での長期保存にオススメなのが真空パックですが、使いやすくてTVでも話題なのが「フードセーバー」です。パック内を真空にすることで… 続きを見る