南瓜の選び方

カボチャ

南瓜(カボチャ)は、昔から「冬至に食べると長生きする」と言われているように、ビタミンEなどの栄養素を豊富に含み、血行を促進し体を温める効果があります。さらに、免疫力を高め、肌や目の健康を保つカロテンやカリウム、ビタミンB1,B2の他、鉄分なども豊富に含まれています。まさに、秋から冬にかけて食べるのにピッタリの食材です。

おいしい時期

南瓜の旬は10〜12月頃。7〜8月に収穫され、2〜3ヶ月寝かしてから出荷されています。

南瓜(かぼちゃ)の選び方

選び方のポイントPOINT

  • ヘタが乾燥したもの
  • ヘタの周りがへこんでいるもの
  • ヘタの切り口が十円玉台で、全体が左右対称に肥大しているもの
  • カットしてあるものは果肉の色が濃く、身が詰まっているもの
  • 種がふっくらしたもの

ヘタが乾燥したものを

南瓜は、実(み)から水分が抜けデンプンが糖質に変わった頃が美味しい時期です。外見で水分が抜けている状態を見分けるには、ヘタの部分に注目します。ヘタの切り口が十円玉大のコルク状で、周りがへこんでいるものがあれば、中まで乾燥している証拠。そういった南瓜を選ぶようにしましょう。

カットしてある場合は、断面に注目します。果肉の色が濃く、実が詰まっており、種がふっくらと厚く膨らんでいるものは、完熟して味がいい良品ですよ。

以上、南瓜の選び方でした。

南瓜(カボチャ)関連の記事