実山椒(みさんしょう)の保存方法

実山椒の保存について

実山椒(みさんしょう)は、熟す前の若い青い山椒の実ことで、別名青山椒(あおざんしょう)ともいいます。6~7月しかとれないものなので、旬の時期にまとめ買いしておき冷凍保存するようにしましょう。

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 常温:1〜2日
  • 冷凍:1年
スポンサードリンク

冷凍保存の手順

柔らかくなるまで茹でる

実山椒を枝から1粒ずつはずし、水から茹でます。煮立ったら弱めの中火で6〜7分茹でましょう。指でつまんで潰れるくらいの柔らかさになればOKです。

灰汁抜きをする

1時間ほど水につけ、灰汁(あく)抜きをします。(途中で2〜3回水を替えます。)
灰汁が強い場合は、さらに1時間水に付けるとよいでしょう。

保存袋に入れて冷凍

水きりをしてキッチンペーパーで水気をしっかりと取ります。
(しっかり水気をとらないと冷凍した時、実山椒が氷で固めた塊になります)
水気が取れたら、冷凍用保存袋に入れます。袋の中の空気を抜きしっかり閉じましょう。
そのまま冷凍庫で保存します。1年間は持ちますよ。

使用する場合は、自然解凍にして佃煮にやちりめん山椒にどうぞ。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1年

以上、実山椒の保存方法でした。