タマネギの保存方法

タマネギの保存について

タマネギ(玉葱)は風通しの良いところに吊るしておくと日持ちします。
ただし、夏場の保存や水分の多い新タマネギ、赤タマネギの保存は冷蔵庫のほうが適しています。また、薄切りやみじん切りしたものを冷凍保存しておくと、調理の短縮につながりますよ。

玉ねぎ

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 常温(黄タマネギ):1〜2ヶ月
  • 冷蔵(新タマネギ、赤タマネギ):1週間
  • 冷凍:1ヶ月
スポンサードリンク

常温保存の手順

黄タマネギの保存

黄タマネギを常温で保存する場合は、ネットやかごに入れ、日陰で風通しの良いところに吊るしておきましょう。

ただし、夏場は新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存してください。

保存期間(賞味期限)

  • 常温:1〜2ヶ月

ただし、皮をむいた玉ねぎやカットしたものは、切り口をラップで覆い、保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。カットしたものは2〜3日のうちに使い切るようにし、もし使い切れないのであれば冷凍保存するほうがオススメです。

玉ねぎ玉ねぎ

冷蔵保存の手順

新タマネギ・赤タマネギの保存

水分の多い新タマネギ赤タマネギの場合は、常温での長期保存は向きません。玉ねぎの皮をむいてラップで包むか、野菜用保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。

玉ねぎ

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵:1週間

冷凍保存の手順

スライスして冷凍

スライスで保存する場合は、タマネギを薄切りまたはみじん切りにし、金属製のトレーにのせて冷凍します。

凍ったら冷凍用保存袋に入れて、そのまま冷凍庫で保存しましょう。

玉ねぎ

使用する場合は、凍ったまま炒め物あめ色タマネギにすると良いです。

さらしタマネギにして冷凍

さらしタマネギで冷凍する場合は、薄切り又はみじん切りにして塩をまぶします。
しんなりしたら水に晒し、しっかり水気を絞ります。

その後、金属製のトレーにラップを敷いてのせ、そのまま冷凍保存しましょう。

使用する場合は、凍ったままドレッシングやあめ色タマネギににすると良いです。

玉ねぎ

炒めて冷凍

タマネギを炒めて冷凍する場合は、薄切り又はみじん切りにしてサラダ油で炒めた後、金属製のトレーにラップを敷いてのせ、そのまま冷凍保存しましょう。

玉ねぎ

使用する場合は、凍ったままカレーに使うとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1ヶ月

以上、タマネギの保存方法でした。

あめ色タマネギが簡単に!

通常、タマネギをあめ色に炒めるには、20分ほどじっくり炒める必要があります。

玉ねぎ

ところが、冷凍した薄切り(みじん切り)タマネギを使えば、同じものが5分ほどで出来き上がります。

これは冷凍することによってタマネギの細胞が壊れて水分が出やすくなっているためです。
ちょっとした豆知識ですが、とても便利で使える方法です。ぜひお試し下さい。

玉ねぎ