北海道名物「ザンギ」の名店「中国料理 布袋(ほてい)」でランチ

ザンギとは鳥のから揚げの一種で、特定の地域(北海道、中国、四国など)の呼び名。

醤油やしょうが、ニンニクなどに漬け込んで下味を付けたもので、違いはから揚げよりも若干味付けがしっかりしているといったところでしょうか。

あくまでザンギ=鳥のから揚げではないという見解もあります。

私はずっと札幌ですが、同じものだと認識しており、違いについてはあまり知りませんでした。

北海道釧路市が発祥といわれ、名前の由来は中国のから揚げの「炸子鶏(ザー・ ツゥ・チー)」から訛って出来たという説があります。

 

札幌のザンギの名店のといえば「中国料理 布袋(ほてい)」です。

今回は新しいビルのフードコートにある2号店に行ってきました。

ランチタイムは初めてなので楽しみです。

お昼少し前ですが、かなりの混雑でした。

さすが中央区のオフィス街ですね。

こちらは人気店なので行列が出来ています。

注文をしてから席でしばらく待つと呼び出しベルで呼んでくれるシステムです。

 

私が注文したのはザンギ付きの数量限定レディースランチ(780円)。

ライス、味噌汁、ザンギ2個、小マーボー、サラダ、デザートのセットです。

揚げたてザンギはサクっと中はジューシーでやわらかく、いつも通りの美味しさです。

こちらのザンギは大きくて食べ応えがあるので2個でお腹一杯になります。

1個10センチ近くはあるかもしれません。

そのままでも美味しいですが、横に添えてある甘ダレをかけるとさらに美味しかったです。

こちらのマーボー豆腐も本格派で有名です。

ピリ辛でとろっとしていて白ライスにかけて頂くとちょうどよく、最後にデザートのタピオカミルクを食べれば満足です。

もっとボリューム一杯でも食べられそうという方にはザンギ6個付きのAランチ、8個付きのBランチもありました。

持ち帰りお弁当もあるみたいで気になりますね。

私はいろんな種類をちょっとずづ頂きたいので、名店の人気メニューいいとこ取りで充分なお得感でした。

こちらのフードコートは、綺麗で女性向きです。

窓際のゆったりソファー席は争奪が激しそうですが、とっても居心地がよさそうでした。是非お勧めします。

「中国料理 布袋(ほてい)」

https://31urban.jp/store.php?iid=0021&tid=00000499