もやしを美味しく調理するコツ

 

もやしをシャキッと炒めるコツ

野菜炒めや和え物に欠かせないもやし。安くて味付けも楽しめる本当にありがたい素材ですが、どんな料理を作る場合でも、もやしの命はシャキッとした歯ごたえです。

ところが、もやしをシャキッと仕上げるのは、水分が多いだけに意外と難しいものです。
とくに火力の弱い家庭用ガスバーナーでもやしを炒めると、どうしても水っぽくなってしまいます。

そこで、もやしをシャキッと炒める極意をお教えします。
まず熱湯でざっと30秒くらい茹でてから、もやしを炒めのです。

もやしを茹でるときは、熱湯をかき混ぜてもやしを回しながら茹でると、早く均一に熱が通ります。
また、熱湯に塩をひとつまみ入れると、もやしの水分が抜けて味が入りやすくなります。
さらに、油を大さじ1〜2杯加えると、高温で早く茹でられるためシャキッと茹で上がります。ぜひお試しください。

もやしを美味しく和える際の注意点

もやしを和える場合、味を絡める程度にしてシャキッと和える場合と、ある程度味をしみこませながら、なおかつ歯ごたえよく和える場合の二つがあります。

シャキッと和える場合ですが、熱湯で八割方ゆでたら(茹で時間は約1分)、余熱で熱が通りすぎないよう、すぐに氷水につけるのがコツです。
粗熱がとれるまで約1分。その後は水気をよく切っておくと、もやしの独特の臭みも取れて一石二鳥です。

次に味がしっかりしみこみ、なおかつ歯ごたえが残るようにするに下ごしらえの方法をご紹介します。

まずは、もやしを茹でる前にたっぷりの氷水に漬けこみパリっとさせます。
その後、塩を加えた熱湯で茹で、湯を切ったら塩をひとふり。
このように味付けの前にもやしの水分を出しておけば、あえたときに味をよく吸収し、なおかつ歯ごたえが残るように出来上がります。

 

以上、もやしを美味しく調理するコツでした。