【失敗談】おでんを作るときは練り物の膨張に注意!

一人暮らしだからと好きな具材でおでんを作ってみたら

一人暮らしを始めて初めての冬のことです。無性におでんが食べたくなり、自分で作ることにしました。誰に気を遣うことなく自分の好きな具材をたくさん入れられるのが一人暮らしの醍醐味です。

大根に卵、ちくわにハンペン、もち巾着も入れよう、さつま揚げも美味しそうだし、ごぼ天も美味しそうです。

大鍋からあふれんばかりのおでん達

スーパーで目についた具材を買い込み、いざ、おでんを作り始めました。

煮込み始めること十数分。。

不穏な空気を感じキッチンに向かうと、大鍋いっぱいあふれんばかりのおでんの姿がそこにありました。

ちくわやハンペンなどの練り製品は煮物にすると煮汁を吸って膨らむということを全く知らなかったのです。

鍋からあふれ出しそうな練り製品を別の鍋に救出し、一人暮らしの私の目の前には大鍋2つ分のおでんが出来上がりました。

白米を食べなかったとしても、大根に、こんにゃく、ハンペンにちくわと一通り食べたらお腹いっぱいです。

一人暮らしならおでんは作るよりコンビニ

最初は「おでんとカレーは2日目が美味しいのよ」と余裕でいましたが、3日目、4日目にとなると段々おでんを食べることが苦痛になり、帰宅後に「鍋のふたを開けたら減っていないかな、、」なんて考え始めました。

それ以来、一人暮らしでおでんを作るのは無謀とコンビニで買うよう。おでんは一人分を作るのがとても難しく、実際たくさんの具材で作ったほうが美味しくできるものです。コンビニで買ってきて食べたほうが明らかに美味しく、しかも安く食べられるというお話でした。

大阪 30代女性 Tさん

おでんの美味しい作り方(外部サイト)