【失敗談】手作りしたお稲荷さんでやらかしました

ハロウィンパーティでお稲荷さん、おにぎり担当に

去年のハロウィンの時期に、仲の良いママと子供たちでハロウィンパーティーをする事になりました。お友達の家に集まって料理はそれぞれ主食、惣菜、デザートなどを担当する事に。私はご飯が大好きだったので、「お稲荷さん、おにぎり担当」になりました。

そこで私は”おにぎらず”を当日の朝に作り、前日の夜にお稲荷さんの油揚げを仕込もうと準備を開始。おにぎらずはご飯と海苔と中の具(鮭やこんぶ、そぼろなど)を用意すればいいだけなので、何の問題もありません。

問題は「お稲荷さん」。実は手作りは初めてでした。

お稲荷さんを一から手作りしたら、味見で失敗

市販のお稲荷さんの皮も売っていますが、他の子のママが添加物とか気にするかなぁと思い、油揚げを購入しました。油抜きをした油揚げに、みりん、砂糖、醤油を分量通り入れ煮込んでいきます。

煮詰めて完成したおいなりさんの皮の汁を味見してみたところなんだか薄い…。そこで私は、目分量で醤油、みりん、砂糖を追加。なんとなくこの位かな?という味までになったので、出来上がりを冷まして一晩置きました。後から考えればここで失敗していたわけです。

油揚げは、冷まして一晩置くと味がどんどん染み込むから、当初味見したときより濃くなってしまうんです。ですから、最初の味付けのままならよかったんですが…。

味見を忘れて、二度目の失敗

翌日、朝早く起きたものの準備にバタつき、お稲荷さんも大急ぎで詰め、うっかり味見をせずに友人の家まで持ってきてしまいました。

その結果、いざ食べようという時に「う!しょっぱい…。」と気づいた時には既に遅し、お稲荷さんを食べた面々は皆微妙な顔…。私は素直に「ごめん!味見しないまま持ってきちゃった。食べなくていいからね!」と言いましたが、皆「いや、大丈夫だよ」と気遣ってくれました。

私はもうその気遣いが申し訳なくて、ハッキリ「まっず!!しょっぱい!」といって笑ってほしかったんですが…。私のフォローもまずかったせいか、ちょっと微妙な雰囲気でパーティーが終わってしまいました。

次こそは絶対、味見をして持っていきます!

北海道 30代女性 Aさん