【失敗談】初めてのハンバーグ!中は半生で外は丸焦げに

レシピも調べないで作ったハンバーグとは?

初めてハンバーグを作った時に大失敗してしまいました。10年くらい前の話しですが、その当時は料理初心者で、カレーライスや玉子焼といった簡単な料理しかできない状態です。それなのに、ハンバーグのレシピも調べないで作ってしまいました。

材料も火加減も時間も適当

ハンバーグのために用意した食材は豚ひき肉と玉ねぎ、卵です。

みじん切りにした玉ねぎとひき肉、卵をボールに入れて混ぜ合わせ、ハンバーグの形にしてから、そのまま油をしいたフライパンに投入しました。

火は強火のまま、両面を3分ずつ焼いていきました。

綺麗な焼き色が付いたので、1つ中を確認してみましたが、当然半生の状態でした。玉ねぎもひき肉も中の方は火が通っていなくて、もう一度強火のフライパンに入れて焼くことにしたんです。

強火で焼き続けたら真っ黒に

でもこれが大失敗に。ハンバーグの外側は真っ黒焦げでになってしまい、中はまだ生のままという最悪な結果になってしまいました。

捨てるのはもったいないので、外側の焦げた部分だけ取り除いて、残りはフライパンでグチャグチャに炒めて食べましたが、落ち込んでしまいました。

失敗したから美味しくできるようになった

失敗の原因は玉ねぎをあらかじめ軽く炒めておかなかったこと、強火で焼いてしまったことでした。

現在はこの失敗を経験したことで上手に作れるようになりました。

今は両面を軽く焼いてから、オーブンで10分くらいじっくりと焼くようにしていますが、外側が焦げることもなく、中までしっかりと火が通って美味しくいただけています。

東京都 30代女性 Rさん