【失敗談】焦げ臭いビーフシチュー。

5時間も煮込んだビーフシチューが!?

随分前ですが、クリスマスパーティーに向け5時間かけて煮込んだ牛スジトロトロのビーフシチューに挑戦しました。

4時間ほど煮込んだ頃でしょうか、何となく台所が焦げくさい臭いがしてきました。ビーフシチュー以外の料理は作り終えていて火も使っていないし、臭いの原因はどう考えてもビーフシチューです。

見た目はとても美味しそうに出来ているのに、なぜこんなに焦げ臭いのだろうと思い、他の鍋に移してみてビックリ。かき回す回数が少なかったのか鍋底までかき回せていなかったのか、鍋底のシチューはすっかり焦げ焦げに!?

しかも焦げている事に気付かずに途中で一度鍋底からしっかりかき混ぜてしまったせいで、鍋のシチューがすべて焦げの味になってしまいました。

今更作り直すわけにもいかないし牛スジももったいないので苦肉の策、具材だけザルにあけて水洗い、コンビニでルーを買ってきて作り直しごまかしました。

時間をかければ美味しくなるとは限らない

ビーフシチューは調理中鍋底の状態が見えにくい料理ですし、思った以上に焦げやすいのでかなり頻繁にかき混ぜてあげないといけません。

それ以降はビーフシチューを作るときは、普通の鍋でなく素直に圧力鍋を使うようにしています。「時間をかければ必ず美味しい料理ができるわけではない」という良い教訓になりました。

東京都 20代女性 Uさん