知らないと損する!?話題の「ふるさと納税」がお得な理由

最近さらに認知度が上がり利用者が増えているというふるさと納税。ますます、お礼の品や特典がバラエティ豊かになり注目度も上がっています。では、なぜお得なのか詳しい仕組みをご存じですか?

ふるさと納税とは

  • 個人単位の地方自治対への寄付金制度です。
  • 地域によりお礼の品や特典がもらえます。
  • 所得税、住民税が控除されます。
  • 「ふるさと」という名前ですが、出身地以外でも自由に寄付先を何件でも選べます。
  • 寄付したお金の使いみちを指定できます。

多くの人が地方で生まれる ⇒ 生まれた自治体から医療や教育などのサービスを受けて育つ ⇒ 進学や就職で都会へ ⇒ 都会で納税という生活をしています。

もちろん、今生活している自治体でも行政サービスを受けていますが、自分が生まれ育った自治体には納税していないということになります。

そこで、今は都会に住んでいても「ふるさと」に納税できる制度を作ろうというのがふるさと納税の始まりです。

ふるさと納税は個人の寄付金制度ですので、今払っている住民税をすべて別の地域で払うということではありません。しかし寄付をして確定申告すれば住民税が控除されるので、結果的に次の年に払うべき住民税の一部を他の自治体に先払いするということになります。

《お得な理由》お礼の品がもらえる

ふるさと納税をするとお礼として特産品や施設の優待券を送ってくれる自治体がたくさんあります。自治体の方も自分の地域の魅力やの特産品のアピールする場としても活用しているようです。

例えば 10,000円以上の寄付をすると

  • 佐賀県上峰町  九州産黒毛和牛500g
  • 山形県米沢市  お米(つや姫)15kg
  • 群馬県草津町  くさつ温泉感謝券(寄付金額の半額相当)

などが自治体よりお礼として届きます。各自治体で寄付金の使い道やお礼が選べますので、自分の応援したい自治体やその取り組み、欲しいお礼品などを探してみましょう。

ただ、自治体を闇雲に探すのは、意外と大変です。そんな時にオススメなのが、ふるさと納税のお礼品などをまとめたポータルサイト「ふるなび」が便利です。

特産品ごとにカテゴリ分けしてあったり、人気の特産品を紹介しているので簡単に欲しい物が見つかります。また、控除の目安などもあるので、どのくらいの金額を選べば良いのか分かるので控除で損をすることもありません。

「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

《お得な理由》税金が控除される

一般的に自治体へ寄付をした場合、確定申告を行うことでその寄付金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。しかしふるさと納税の場合、自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となります。ただし、寄付をする人の所得や家族構成によって一定の上限があります。総務省のサイトでも控除額がシミュレーションできますので利用してみてください。
ふるさと納税ポータルサイト

給与所得者で確定申告の必要のない方は「ふるさと納税ワンストップ特例」を申請すれば、年間に5自治体までの寄付に関しては申請書を寄付自治体に郵送することで確定申告が不要となり手続きが簡単です。

最後に

本来、自分の払った税金はどこでどのような使いみちをされるのか選べません。しかしふるさと納税ならば、自治体や使いみちを複数自分で選ぶことができます。さらに応援したいと思った自治体からお礼として特産品などが送られてくるとなれば寄付のしがいもあるというものです。

ふるさと納税で平成28年度熊本地震の災害支援寄付ができるようになりました。寄付金受領証明書も発行されるので、支援を考えている方は是非参考にしてください。

「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」