生卵の保存方法

生卵を保存する場合、冷蔵庫のドアポケットでの保存はなるべく避けましょう。また、解きほぐす事で冷凍でも保存することができます。
卵はきちんとした温度管理されたお店で買うのが理想で、賞味期限を過ぎたら生食は避けましょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵保存期間1〜2週間
  • 冷凍保存期間1〜2週間

冷蔵保存の手順

尖った方を下にして保存

生卵を保存する場合、冷蔵庫のドアポケットはなるべく避けましょう。実は冷蔵庫のドアポケットは温度が不安定であるため生卵の保存にはあまり向いていません。買ってきたパックごと冷蔵庫の棚で保存するようにしましょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵保存期間1〜2週間

冷蔵保存の手順

全卵は解きほぐして冷凍

生卵は殻付きのまま冷凍すると割れてしまいます。冷凍保存する場合は、全卵を解きほぐすか、卵白だけ取り出して冷凍するようにしましょう。(ちなみに、卵黄は解凍しても元の状態に戻らないので冷凍には向いていません。)小さな器にラップを敷いて溶き卵または卵白を入れ、巾着状にして口を輪ゴムで閉じ、金属製のトレーにのせて急速冷凍します。凍ったら冷凍用保存袋に入れ、そのまま冷凍庫で保存しましょう。

卵白イラスト

使用する場合は、自然解凍してから玉子焼きや茶碗蒸しなどに加熱調理して使えば、味の変化はあまり気になりません。また、卵白の場合は元に近い状態に戻るので、シフォンケーキなどのお菓子や揚げ物の衣などに使えますよ。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍保存期間1〜2週間

以上、生卵の保存方法でした。