スティックセニョールの保存方法

スティックセニョールの保存について

スティックセニョールは最近スーパーなどでもよく見られるようになった新野菜で、つぼみはブロッコリーのようなサッパリとした味、茎はアスパラのような甘みのある味、と一粒で二度美味しいということで最近人気の野菜です。『茎ブロッコリー』とも呼ばれます。

スティックセニョールはブロッコリーと同じく傷みやすい野菜なので、なるべく早めに食べるようにしましょう。すぐに食べないときは新鮮なうちに軽く茹でて冷蔵、または固く茹でて冷凍するのがおすすめです。ちなみに、スティックセニョールはブロッコリーと中国野菜の芥藍 かいらんをかけ合わせた日本オリジナルの新野菜です。

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 冷蔵:2〜3日
  • 冷凍:1ヶ月
スポンサードリンク

冷蔵保存の手順

生のまま保存

スティックセニョールを生のまま保存する場合は、軽く湿らせた新聞紙で包み、野菜用のポリ袋に入れてできれば野菜室よりもチルド室で保存しましょう。

スティックセニョールの保存の適温は0〜5度です。

茹でて保存

茹でて保存する場合、まずスティックセニョールを花蕾 からいと茎に切り分けます。

その後、塩を加えた熱湯で軽く茹で(30秒ほど)、あとはザルに上げたらしっかりと水気を切り、そのまましばらく冷ましましょう。

余熱が取れたら密封容器に入れて冷蔵庫で保存します。

使用する際は、蕾の部分はそのままサラダや軽く焼いて肉料理の付けあわせに、茎の部分はアスパラのように炒めて使うと美味しく食べられます。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵:2〜3日

冷凍保存の手順

ブランチング(加熱処理)する

スティックセニョールをつぼみと茎に切り分け、塩を加えた熱湯で固めに茹でます。(30秒ほど)
ザルにあげて水気をきり、キッチンペーパーでさらに水気を拭き取ります。
ブランチングとは?

急速冷凍する

茹でたスティックセニョールを冷凍用保存袋または密閉容器に入れ、金属のトレーに乗せて急速冷凍しましょう。
凍ったらそのまま冷凍庫で保存します。

解凍するときは、つぼみの部分はもう一度さっと茹でてサラダなどにすると良いでしょう。また茎の部分は凍ったまま炒め物や肉巻きなどに使うと良いでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1ヶ月

以上、スティックセニョールの保存方法でした。

関連:
ブロッコリーの保存方法