モロヘイヤの保存方法

モロヘイヤ

モロヘイヤの保存について

モロヘイヤは、日持ちしない野菜ですぐに変色したり硬くなったりします。できるだけ早めに食べ切るようにしましょう。
モロヘイヤを保存する場合は、1日くらいであれば冷蔵庫で。それ以上の長期保存をしたい場合は、下茹でしたものをきざんで冷凍保存するようにしましょう。

夏が旬で夏バテ防止にぴったりの王様の野菜モロヘイヤ、上手に保存して上手に使いたいものです。

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 冷蔵:1日
  • 冷凍:1ヶ月
スポンサードリンク

冷蔵保存の手順

日持ちしないので早めに食べきる

モロヘイヤを保存する場合は、茎を水で湿らせて野菜用ポリ袋に入れ、野菜室で保存します。ただし、あまり日持ちしませんので、一両日中に使い切るようにしましょう。それ以上の長期保存が必要な場合は、下茹でしたものを細かく刻んで冷凍するとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵:1日

冷凍保存の手順

さっと茹でる

モロヘイヤを冷凍保存する場合は、たっぷりの熱湯に塩を加えて、湯通しする感覚でさっと茹でます。

水に晒す

茹でたモロヘイヤは水にさらし、ザルに上げて冷まします。

細かく刻んで冷凍保存。

あとは細かくみじん切りにしたらフリーザーパックに入れ薄く伸ばし、金属トレーにのせて急速冷凍します。凍ったらそのまま冷凍庫で保存しましょう。

使用する場合は、使う分だけを割って解凍せずスープやパスタに入れたり、半解凍したものを納豆や豆腐にかけて食べるとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1ヶ月

以上、モロヘイヤの保存方法でした。

モロヘイヤの関連記事

モロヘイヤの選び方

モロヘイヤは葉先までハリツヤがあり、緑鮮やかな葉で変色がないものが新鮮です。葉に弾力があるものほど良品ですよ。また、手で折れそうなぐら… 続きを見る

フードセーバー
最大5倍長持ち!!長期保存にお勧め真空パック

冷蔵庫での長期保存にオススメなのが真空パックですが、使いやすくてTVでも話題なのが「フードセーバー」です。パック内を真空にすることで… 続きを見る