レタスの保存方法

レタス

レタスの保存について

レタスを丸ごと買ったときは包丁でカットせずに、外葉から一枚ずつはがして使っていくと長持ちさせることができます。また、芯部分に濡らしたキッチンペーパーなどを当てておくと、鮮度を保てますよ。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵保存期間まるごとなら2週間、カットしたものなら2〜3日
  • 冷凍保存期間1〜2週間

冷蔵保存の手順

まるごと保存

まるごとのレタスを保存する場合は、芯部分を濡らすか水で濡らしたキッチンペーパーを当てて、ラップまたは新聞紙で全体を包み冷蔵庫の野菜室で保存すると鮮度を長く保てます。その際、芯を下向きに置くのがポイントです。

レタスは金属に弱いため、包丁などが触れた部分は赤く変色してしまいます。使用する際は、外側から一枚づつ剥がして手でちぎって使っていくと良いでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵保存期間2週間

カットしたものは早めに食べる

カットしたレタスは、カットした部分から変色していくため、あまり長持ちしません。早めに使いきってしまいましょう。

保存の目安

  • 冷蔵保存期間2〜3日

冷凍保存の手順

レタスはあまり冷凍には適しません。

レタスは水分が多い野菜なので冷凍したレタスを解凍するとベシャベシゃの状態になってしまいます。ただ、味や品質が代わってしまう訳ではないので、スープにしたりパスタや炒め物の具材にする分には大丈夫です。

冷凍保存する場合は、水洗いしたあと丁寧に水気を取り、食べやすいサイズに手でちぎっります。あとは冷凍用保存袋へ入れて急速冷凍し、そのまま冷凍庫で保存しましょう。量が多い場合は、1回分ごとに小分けすると使用する際に便利です。

調理する際は凍ったまま、スープに入れたり炒め物に使うとよいでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍保存期間1〜2週間

以上、レタスの保存方法でした。