カリフラワーの保存方法

カリフラワーの保存について

カリフラワー(漢字で書くと花椰菜)は傷みやすい野菜なので、なるべく早めに食べるようにしましょう。
すぐに食べないときは新鮮なうちに茹でて、冷蔵または冷凍するのがおすすめです。
ちなみに、ブロッコリーはカリフラワーの変種なのでブロッコリーも同様に保存することが出来ます。

保存の目安(保存期間・賞味期限)

  • 冷蔵:2〜3日
  • 冷凍:1ヶ月
スポンサードリンク

冷蔵保存の手順

生のまま保存

生のまま保存する場合は、カリフラワーの周りの余分な葉を落とします。
次に軽く湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
カリフラワーの保存の適温は0〜5℃です。

茹でて保存

茹でて保存する場合は、小房に切り分け塩を加えた熱湯で茹でます。(茹で時間1分程)
ザルに上げてしっかり水気を切り、しばらく冷まします。

余熱が取れたら密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷蔵:2〜3日

冷凍保存の手順

ブランチング(加熱処理)する

カリフラワーを冷凍保存する場合は、小房に切り分け塩を加えた熱湯で固めに茹でます。(茹で時間1分弱)
ブランチングとは?
ザルにあげて水気をきり、キッチンペーパーでさらに水気を拭き取ります。

急速冷凍する

冷凍用保存袋または密閉容器に入れ、金属のトレーに乗せて急速冷凍しましょう。
凍ったらそのまま冷凍庫で保存します。

解凍するときは、もう一度さっと茹でてサラダなどにすると良いでしょう。

保存期間(賞味期限)

  • 冷凍:1ヶ月

以上、カリフラワーの保存方法でした。

関連:
ブロッコリーの保存方法