挽肉の保存方法

大量に買ったはいいけれど、使い切れなかった挽肉(ひき肉)、どうしてますか?
挽肉は傷みやすいので、そのまま冷蔵しているだけだとすぐに悪くなってしまいます。
そこで、ちょっとした保存ワザをご紹介しましょう。

挽肉は炒めて保存

実は、挽肉は生のままより炒めて保存したほうが何かと便利です。

フライパンにニンニク、生姜のみじん切りを適量炒め、香りが出てきたらネギのみじん切りを適量加えて、透き通るまで炒めます。
次に挽肉を加えて、肉がパラパラになるまで中火でよく炒めるのがコツです。
挽肉に火が通り水分がなくなったら塩・コショウで味を整えましょう。

保存期限は冷蔵で

炒めた挽肉はバットに広げて粗熱を取り、よく冷やしてから密封容器へ。冷蔵なら3〜4日で使い切るようにしましょう。
冷凍するときは薄く板状に伸ばしておき、使う分だけ折って解凍すると使いやすいです。こちらの消費期限は3〜4週間となります。

炒めた挽肉は調味料感覚で

こうして作りおきしておいた炒めたひき肉は、調味料感覚で使うのがちょっとした裏ワザです。

例えば野菜炒めに加えても良いですし、スクランブルエッグに加えてもいいでしょう。あるいは、ラーメンにトッピングしたり、野菜と一緒に煮てもおいしいですよ。ちょっとしたコクが欲しい場合に気軽に使ってみてください。

以上、挽肉の保存方法でした。