モロヘイヤの選び方

モロヘイヤは、 カルシウム・カロテン・ビタミンB・ビタミンC・カルシウム・食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持ちます。主産地は三重、群馬、静岡など、高温性の作物で4〜10月が最盛期です。現在では、どこのスーパーでも手に入るポピュラーな野菜ですが、日本で本格的に栽培が始まったのは、ほんの十数年前のことです。

おいしい時期

モロヘイヤは夏の旬の野菜の代表です。とくに8月はおいしさが増します。

モロヘイヤの選び方

選び方のポイントPOINT

  • 葉の1枚1枚にしっかりとした厚みと弾力感があるものがよい。
  • 葉先がピントしてハリがあり変色していないもの。
  • 茎がしっかりしてしおれていない物。
  • 手で折れそうなくらい張っている物は柔らかで新鮮。
  • 切り口がみずみずしいこと。

葉の状態を見る

モロヘイヤは葉先までハリツヤがあり、緑鮮やかな葉で変色がないものが新鮮です。葉に弾力があるものほど良品ですよ。

葉がやわらか

手で折れそうなぐらい茎が張っているものはやわらかくて新鮮です。また茎の切り口がみずみずしく茶色くなっていないものを選ぶようにしましょう。

以上、モロヘイヤの選び方でした。

オススメの逸品

夏場の三重産

眉間は日本一の生産量を誇るモロヘイヤの大産地です。栽培を開始した平成4年から培われた高い技術と徹底した品質管理で、最高のモロヘイヤを作り出しています。とくに夏場の露地物はうまみが増した絶品です。