チンゲンサイの選び方

チンゲンサイ

チンゲンサイ(青梗菜)は中国から伝わった野菜で白菜などの仲間です。和名はタイサイ(体菜)。白軸のものは白菜(パクチョイ)とも呼びます。

美味しい時期

チンゲンサイは通年各地から出荷されており、あまり旬を感じない野菜ですが、一般的に11月〜12月が霜にあたって葉がやわらかくなり、おいしさも増すと言われています。

冬のハウスものはやわらか

チンゲンサイは通年出回りますが、春〜夏は露地、冬のものはハウス栽培で葉が柔らかです。

チンゲンサイの選び方

選び方のポイントPOINT

  • 葉先がピンとしてハリがある
  • 葉が淡い緑色のものを選ぶ(色が濃いものは生育しすぎて固い)
  • 茎がしっかりとしてハリがあること
  • 切り口が瑞々しくて新鮮なもの
  • 下の部分がどっしりとふくらんでいる

葉先のハリと肉厚をみる

チンゲンサイを選ぶ際は葉先が瑞々しくピンとしていて、肉厚なものが新鮮な良品です。あわせて根元の瑞々しさで鮮度を確認しましょう。

以上、チンゲンサイの選び方でした。

オススメの逸品

茨城県北浦町産

水と緑に恵まれた北浦町は全国一の生産地です。有機農法による緑鮮やかで、食味の素晴らしい逸品を作り出しています。とくに12月〜1月のハウスものは水分や温度が調整され、一層の美味しさを生み出しています。