莢隠元(サヤインゲン)の選び方

サヤインゲンの基礎知識

莢隠元(サヤインゲン)は、インゲン豆の食用の若いサヤのことです。インゲン豆は江戸時代に日本へ帰化した僧が持ち込んだとされ、この僧の名前「隠元」から付けられたと言われています。種類としては細長いサーベルインゲンやサヤが柔らかいモロッコインゲンがあります。

おいしい時期

サヤインゲンはハウスなどの栽培方法が発達し1年中出回っていますが、旬は6〜9月の夏です。

スポンサードリンク

サヤインゲンの選び方

選び方のポイントPOINT

  • 全体がまっすぐのものは生育の良かった良品
  • 皮が薄くハリがあるものを選ぶ
  • サヤの緑色が鮮やかでしっとりしているもの
  • サヤの両端がしっかりしているもの
  • サヤの先がピンとしてしおれていない

皮が薄くハリがある

サヤインゲンはサヤごと食べるので選ぶ際は、皮が薄くてハリのあるものを選びましょう。とくにサヤの先がピンとしたものが新鮮です。また、豆の形が皮に出ているものは育ち過ぎで味が落ちます。収穫が遅いと黄色くなるので、緑色が薄いものは収穫が遅かったか、収穫してから時間が経っている証拠です。シミや黒ずみがあると古いものですので避けるようにしましょう。

以上、サヤインゲンの選び方でした。

オススメの逸品

ケンタッキーワンダー

どじょうインゲンとも呼ばれるケンタッキーワンダー。やわらかい独特の風味がオススメの理由です。さっと湯掻いてサラダやおひたし、ひやむぎと相性抜群。福島県と千葉県が主産地で、旬は7月〜9月。夏の一服の清涼剤ですね。

莢隠元の関連記事

莢隠元(サヤインゲン)の選び方

サヤインゲンはサヤごと食べるので選ぶ際は、皮が薄くてハリのあるものを選びましょう。とくにサヤの先がピンとしたものが新鮮です。また、豆の… 続きを見る

サヤインゲンの保存方法

莢隠元(さやいんげん)はポリ袋に入れ冷蔵庫で保存しましょう。傷んでいるものがある場合は、傷みが他のさやいんげんに移りやすいので、必ず取… 続きを見る

莢隠元(サヤインゲン)の下ごしらえ

サヤインゲンといえば、まずは固い筋をとるというのが一昔前までの常識でしたが、最近は筋が気にならないものがほとんどです。とは言っても、し… 続きを見る

フードセーバー
最大5倍長持ち!!長期保存にお勧め真空パック

冷蔵庫での長期保存にオススメなのが真空パックですが、使いやすくてTVでも話題なのが「フードセーバー」です。パック内を真空にすることで… 続きを見る