ゴーヤの選び方

ゴーヤ

ゴーヤは沖縄料理のゴーヤチャンプルでよく知られ、今や全国区の存在と言えます。特徴はなんといっても独特の苦み。この苦みはモモルデシンという成分で、胃液の分泌を促進して食欲を増進させるだけでなく、肝機能を高め、血糖値を下げる効果があります。またビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなども豊富で、特にタップリ含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくく、豆腐や豚肉との相性がよく、炒め物や酢の物、ジュースなどに様々に調理できます。ゴーヤ以外にもレイシ(茘枝)ニガウリ(苦瓜)といった呼び方もあります。

おいしい時期

最近は通年流通しているゴーヤですが、キュウリなどと同じく夏野菜です。7月8月が栄養価が高くやはり一番おいしい時期です。

ゴーヤの選び方

選び方のポイントPOINT

  • 青々として緑色が濃いもの
  • イボがはっきりしているもの
  • 先端、尻部分が黄色くなっていないもの
  • 見た目より重さのあるもの
  • 全体的に太さが均一でずんどう型

色味、イボの状態をチェック

ゴーヤは、全体的に青々として緑色が濃くハリがあり、枯れがなく黄色く変色していないものを選ぶようにします。同じぐらいの大きさのものがあったら、より重たいものを選ぶようにしましょう。全体的に太さが均一で、寸胴型、端の部分が細くて尖っているものが良品です。また、イボはツヤがあり、密集しているものを選ぶと良いでしょう。

先端が黄色いものは注意

先端が黄色くなってきたら枯れてきている証拠です。両端の状態をチェックするようにしましょう。

以上、ゴーヤの選び方でした。

ゴーヤの関連記事